google-ic
  • Comments:0

有名企業14社の超ミニマルロゴ

Pocket


余白スペースを利用したミニマリズム(英: Minimalism)は、現在大きなデザイントレンドとなっています。

 

“Less is more” -Ludwig Mies van der Rohe

 

「より少ないことは、より豊かなこと」
ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ

 

 


 

14社の超ミニマル化したロゴ

ミニマルデザインを考えるときによく使われる言葉で装飾が多すぎるとどれも目立たなくなる、無駄を削ぎ落した方がより美しく効果的であるという考えです。

見せたいものや伝えたいことの中から引き算をしていき、最小限度におさえたミニマルデザイン。多くのデザイナーにとってミニマルスタイルに着目し、余白スペースを最大化することはたのしい挑戦とも言えるでしょう。

今回は『14 Ultra Minimalist Logos of Famous Brands』よりミニマルデザインの極端な例をご紹介します。
世界的に有名なブランド14社のロゴを超ミニマル化してしまった企画で、それぞれのロゴが人間の髪の毛ほどの細さの曲線を使用して超ミニマル化されています。

 

ディズニー

Disney

ロイヤル・ダッチ・シェル

Royal-Dutch-Shell-plc

ハーディーズ

MTI5MDI1NDM2MDA0MDI5NzE0

Fedex

FedEx

 

BURGERKING

BURGERKING

コカ・コーラ

コカ・コーラ

google

google

KFCコーポレーション

KFC

LEGO

LEGO

NIKE

NIKE

ペプシコーラ

ペプシコーラ

McDonald’s

マクドナルド

ターゲット・コーポレーション

ターゲット

YouTube

youtube 


 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

このロゴが実際に使われる事は考えにくいですが、デザインの引き算を考える上で非常に参考になるものです。
これだけ削り落としたとしても、認識できてしまうほど定着しているブランド価値、ブランド力は流石ですね。

広く理解されているデザインだからこその超ミニマル化ではありますが、デザインにとっての無駄とは?伝えたいことからの引き算とは?を考えさせられますね。

 

Pocket