rogo-proces11-ic
  • Comments:0

ロゴが生まれるまでのスケッチ11

Pocket


ロゴを作成する時、アイデアをノートに書きとめたりラフスケッチをしながら徐々に色・形といった感じで絞り込んで仕上げていくことが多いです。

ロゴは会社の顔であり、社名と同じくらい重要です。ロゴは文房具、名刺、出版物、広告、洋服、展示会、看板やインターネット上など様々な媒体に一貫して使用する必要があります。 だからこそロゴの完成までには、柔軟な創造性とスケッチの時間、そしてたくさんの再試行を必要とします。

今回は象徴的なブランドマークはどのように始まったのか?そのプロセスを知ることのできる『Process sketches of 11 famous logos』という記事のご紹介です。

 


 

1. シティバンク

Citibank

ポーラ·シェアは、時代を超越したワードマークに古い傘のアイコンを取り入れ、会社との彼女の最初の会議の間にナプキンにシティバンクのロゴの彼女の最初のプロセスをスケッチを描きました。

[Citibank logo: Paula Scher -via Pentagram]

 

 

2. Pinterest

Pinterest

2011年にPinterestは、より洗練されたロゴ作成することを期待して、そのロゴを更新した。
彼らは、書体のBello Scriptを選択し、それらを美しく細工し巧みに作られたロゴタイプに変更しました。

[Pinterest logo: Michael Deal & Carlos Pagan]

 

 

3. Nike

Nike

オリジナルのナイキのロゴはポートランド州立大学グラフィックデザインの学生キャロリン·デイビッドソンによって1971年に作成されました。
関連-世界中で愛されるNIKEのロゴ物語

[Nike logo: Carolyn Davidson -via Print Magazine]

 

 

4. Shell

SHell

長年にわたりシェルエンブレムの形は、グラフィックデザインのトレンドに合わせて徐々に変化しています。デザイナーレイモンド·ローウィによって作成され、1971年に現在のエンブレムを導入しました。

[Logo: Shell]

 

 

5. I Love New York

ILoveNY

1976年にミルトン·グレイザーは、赤いクレヨンを持って運転室の後ろに封筒に象徴的な「私はニューヨークを愛す」キャンペーンのロゴを描きました。

[I Love New York: Milton Glaser -via MOMA]

 

 

6. Exxon Mobile

Exxon

1966年レイモンド·ローウィのエクソンモービルロゴ·プロセス·スケッチでは、視覚的に二重の “X年代”の概念を強調​​し、それの18のバリエーションを作成しました。その内の一つをマークし “OK”としました。

[Exxon logo: Raymond Loewy -via Library of Congress]

 

 

7. スターバックス

Starbucks

15世紀のロゴは北欧両側人魚の木版画で、スターバックスのロゴのためのオリジナルのインスピレーションでした。テリーヘッケラーの初期のスケッチやデザイナーによって更新されたロゴは 私たちが今日知っているより近代的な見栄えの人魚へと進化方法を示しています。

[Starbucks logo: Terry Heckler]

 

 

8. Mailchimp

Mailchimp

2008年には Mailchimpはジョン·ヒックス、Firefoxロゴのデザイナーの助けを借りて、そのロゴを更新しました。いくつかのラフ案のスケッチを精製した後、彼は愛らしい、認識可能な猿に図面を変換し、Adobe Illustratorの中に最終的なスケッチを取り入れました。

[Mailchimp logo: Jon Hicks]

 

 

9. Atlassian

atlassian

アトラシアンのロゴは常にヒューマノイドロゴのより良い例の一つではないでしょうか。旧ロゴは何百ものスケッチ、多くの研究の後に、最高のものを精製し、最終的な選択にそれらを絞り込んを描いたjeff Kriege、によって2011年に更新されました。

[Atlassian logo: Jeff Kriege]

 

 

10. Mozilla Firefox

Firefox

Mozilla Firefoxのロゴのためのオリジナルマスコットはフェニックスで名前もFirebirdでしたが著作権紛争に起因して、名前はFirefoxに変更されました。Firefox=レッサーパンダなのですがなかなか思い通りのイメージにならず日本のキツネの墨絵にインスパイア(喚起)されて書かれたのがFirefox=狐の最初のアイデアだったようです。

[Mozilla Firefox logo: Stephen Desroches & Jon Hicks]

 

 

11. Atari

atari

アタリのロゴが大成功した後、1972年にジョージ·オッパーマンによって設計されました彼自身の言葉では、「アタリシンボルの2側片は「PONG」の中心線と、二つの対向するビデオゲームのプレイヤーを表し真ん中が審判を表す。

[Logo: Atari -via Logo Blink]

 


 

まとめ

 

この記事では、有名なロゴ作成のため偉大なデザイナーがそれぞれの時代を超越したデザイン·ソリューションを見つけるための独自の戦略、設計プロセスを垣間みる事ができますね。

最も有名なロゴデザインの多くは、単純なプロセスのスケッチからスタートしています。スケッチ自体はロゴデザインプロセスのほんの一部であり、それぞれのデザイナーのプロセスは異なっていますが、彼らが象徴的なロゴ作成にどうやって辿り着いたのか?それぞれの変化する研究に基づいた、戦略的なプロセスは見ていてとても興味深いでね。

原文:Process sketches of 11 famous logos/by-99designs

 

Pocket