icatch0514
  • Comments:0

使いやすいのはどっち?イラストレーターVSフォトショプの違い

Pocket


デザイナーなら誰しも一度は触れたことがあるであろうツール、イラストレーターとフォトショップ。どちらもそれぞれに優れているところがありますが、その違い皆さんは知っていますか?

The Differences Between Photoshop vs Illustrator』よりイラストレーターとフォトショップの違いについての記事です。インドのULデザイナーM.A Kather氏がピクトグラムを使用して作成したAdobe IllustratorとPhotoshopの違いを比べたとてもわかりやすいインフォグラフィクスをご紹介します。

 


 

Illustrator vs Photoshop

 infographics1

 


 

発売された年

infographics2

 

イラストレータは1987年生まれ。フォトショップは1990年生まれ。イラストレーターのほうが少しだけ年上のようですね。

 


 

初版

 infographics3

 

初版の起動用スプラッシュスクリーンは、どちらも粗いピクセルで描かれたモノクロデザインでした。

 


 

最も使用される機能

 infographics4

 

イラストレーターはベクターベース、フォトショップはピクセルベースのグラフィック編集に適しています。一番大きな違いと言ってもいいかもしれないですね。

 


 

最も使用するユーザー

 infographics5

 

イラストレーターはデザイナーがよく使い、フォトショップはアーティストがよく使っているようです。私も両方使いますがやはりイラストレーターの方が使いやすく感じます。

 


 

アートボード

 infographics6

 

イラストレーターは複数のアートボードを使うことが出来ますが、フォトショップはひとつのカンバスのみです。

 


 

拡大

 infographics6

 

イラストレーターは拡大しても鮮明にくっきりと表示されますが、フォトショップは拡大するほどぼやけてしまいます。

 


 

クリッピングマスク

 infographics7

 

クリッピングマスクではイラストレーターはオブジェクの上に、フォトショップはオブジェクトの下にそれぞれマスキングされます。

 


 

選択

 infographics8

 

選択する時イラストレータはオブジェクトを選択しますが、フォトショップは面積を選択します。

 


 

レイヤー

 infographics9

 

イラストレーターの場合、複数のオブジェクトを含むことできます。フォトショップの場合はオブジェクトごとに個別レイヤーが表示されます。

 


 

Ctrl + Z(ショートカットキー)

 infographics10

 

ショートカットキーの前に戻る(Ctrl + Z)はイラストレーターでは複数戻る事ができ、フォトショップはひとつ前だけです。

 


 

ファイルの保存の早さ

infographics11

 

保存するときの早さはイラストレーターのほうが速いそうですが、私はそこまで違いを体感していません。うさぎとかたつむりだと…ものすごく違うように思えますよね。

 


 

ワークスペース

infographics12

 

イラストレーターはワークスペース以外の場所も使用することができ、別の作業などもできます。フォトショップはワークスペースの中だけの作業になります。個人的にはこの違いがイラストレーターをよく使う大きな理由になっています。一つの画面で色々できてしまうのはとっても便利ですよね。

 


 

まとめ

 

いかがでしたか?ピクトグラムになっているので頭に入りやすく、わかりやすいですよね。作業によって使い分けるのが一番かなと思っておりますが、ツールを選ぶ際の参考にしてみてください。

 

原文:M.A. Kather , The Differences Between Photoshop vs Illustrator/ULTRALINX

 

 

Pocket